So-net無料ブログ作成

挨拶・の力をもっと活用しよう [その2人間関係がスムーズになる、思いやりの言葉]

挨拶・の力をもっと活用しよう

「挨拶」とはなにか?

それは

「心を開いて相手に迫る」ということである

作者

鈴木健

人像の紹介

元NHKアナウンサー。

退職後は数々の着作活動に専忿。

代表作は「気くばりのすすめ」

本文

あなたは朝、家族や会の人に当然のように「おはよ」と挨拶をしていることでしょう。

中には「挨拶なんてしなくても」という人もいるのかもしれません。

でも

「なんとなく恥ずかしいから」などのつまらない理由で、挨拶をしない生活になってしまっている人は、

今日からでも挨拶の習慣をつけるべきです。

なぜなら挨拶をするということは、相手を意識する上でとても大切な行為だからです。

たとえば、

あなたが挨拶をしたとき、もし相手に無視されたらどんな気持ちになりますか?

きっと誰もが「あれ?」と思うはずですよね。

そして心にモヤモヤとした気持ちが生まれてきます。

それはやがて相手との聞に見えない壁を作ることになり、

少しずつスムーズなコミュニケーションが取れなくなるという悪循環に。


挨拶派、人間関係を円滑にする大切なコミュニケーション

元NHKアナウンサー・鈴木健二氏は、「挨拶」の大切さを力説してきました。

「挨拶」の”挨”という字は「開く」という意味であり、

” 拶”は「迫る」という意味だ。

つまり挨拶というのは「心を開いて相手に迫る」ことなのですよ」という名言を残しています。

アナウンサーとして大勢の人たちと接してきた鈴木健二氏が、

挨拶の大切さを説いていると、確かな説得力を感じまず。

声を出さずに会釈だけですませていた人は、

これからは声を出して挨拶してみましょう。

相手との距離が近くなり、お互い話しかけやすい雰囲気が生まれます。

「顔を見て、挨拶する」この行動だけで、相手からの印象はよくなり、

関係も円滑になっていくことでしょう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。