So-net無料ブログ作成

自分が笑えば、相手も笑顔に! [人間関係はこちちの出方次第。]

自分が笑えば、相手も笑顔に!

人間関係はこちちの出方次第。

あたかも鏡の前に立つようなもの。

こちらが笑えば向こうも笑う。

こちらがしかめ面をすれば相手も渋面になる。

作者

邑井操

人像の紹介

昭和時代後期の評論家。

講談師として活躍した後、講演・評論活動を行っていた。

本文

人と初めて会ったとき、あなたはその人のどこに注目しますか?

たいていの人は、相手の姿を大きく捉えた後、まず顔に注目するそうです。

続いて、声、さらにファッションなどを観察し、
その人の性格や雰囲気などを探っていくのだといわれています。

もし初対面の相手がムスッとした表情であれば、

その時点ですぐにあなたは「嫌な人」という印象を相手に持ち、

あなたも仏項面になるかもしれません。

でも反対に、相手がにこやかな表情を浮かべていたとしたら、どうでしょう。

あなたは相手に好印象を持ち、
自然と笑顔になり、緊張もほぐれるのではないでしょうか。

まるで鏡?

自分次第で相手の雰囲気が変わる!

人間関係をスムーズにするためには、

まずはあなたの方から相手に対して心を開いてみましょう。

相手に笑顔で接すれば、きっと相手も笑顔で返してくれるはずです。

邑井操の名言にある「あたかも鋧の前に立つようなもの」とはそういったことなのです。

自然な笑顔を作るためには、キュッと上がった角を意識するのがコツ。

ちょっとした筋トレにもなりますので小顔にも効果大!?

オススメですよ。



Laugh yourself, and the others to smile!

Human relationship depends upon what this father.

What were standing in front of a mirror.

Here laugh laugh too.

Frown if this opponent will frown.

Author

Murai Cao

Introduction to figure

Critics of the late Showa era.

After working as a storyteller, lectures and review activities had gone.

Full text

When people met for the first time, you focus on where that person?

After most people are heavily caught sight of the person is likely to focus first on the face.

Then, observe the voice, and fashion

Has said it will search for that person's character and atmosphere.

If someone did complain and look,

At that time soon you people a bad impression to have,

You also might be on the French section.

But stared smiley is contrary to the other person, what happens.

You have good people,

Nature and what is not smiling, relaxed tensions.

It's a mirror?

In as soon as their opponent's atmosphere changes!

In order to smooth relationships,

First let's open heart from your opponent.

If opponents treat with a smile, I'm sure others with a smile back should be.

And quotations of Murai "were standing in front of the 鋧 being" is the kind of thing.

Consider the angle to create a natural smile, rose kyutto's tricks.

Because it becomes a little muscle training on the small faces great effect!

It is recommended.

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

挨拶・の力をもっと活用しよう [その2人間関係がスムーズになる、思いやりの言葉]

挨拶・の力をもっと活用しよう

「挨拶」とはなにか?

それは

「心を開いて相手に迫る」ということである

作者

鈴木健

人像の紹介

元NHKアナウンサー。

退職後は数々の着作活動に専忿。

代表作は「気くばりのすすめ」

本文

あなたは朝、家族や会の人に当然のように「おはよ」と挨拶をしていることでしょう。

中には「挨拶なんてしなくても」という人もいるのかもしれません。

でも

「なんとなく恥ずかしいから」などのつまらない理由で、挨拶をしない生活になってしまっている人は、

今日からでも挨拶の習慣をつけるべきです。

なぜなら挨拶をするということは、相手を意識する上でとても大切な行為だからです。

たとえば、

あなたが挨拶をしたとき、もし相手に無視されたらどんな気持ちになりますか?

きっと誰もが「あれ?」と思うはずですよね。

そして心にモヤモヤとした気持ちが生まれてきます。

それはやがて相手との聞に見えない壁を作ることになり、

少しずつスムーズなコミュニケーションが取れなくなるという悪循環に。


挨拶派、人間関係を円滑にする大切なコミュニケーション

元NHKアナウンサー・鈴木健二氏は、「挨拶」の大切さを力説してきました。

「挨拶」の”挨”という字は「開く」という意味であり、

” 拶”は「迫る」という意味だ。

つまり挨拶というのは「心を開いて相手に迫る」ことなのですよ」という名言を残しています。

アナウンサーとして大勢の人たちと接してきた鈴木健二氏が、

挨拶の大切さを説いていると、確かな説得力を感じまず。

声を出さずに会釈だけですませていた人は、

これからは声を出して挨拶してみましょう。

相手との距離が近くなり、お互い話しかけやすい雰囲気が生まれます。

「顔を見て、挨拶する」この行動だけで、相手からの印象はよくなり、

関係も円滑になっていくことでしょう。






出会いを大切にしよう [第2章その1人間関係がスムーズになる、思いやりの]

人の世の幸不幸は人と人とが

逢うことから始まる。

よき出逢いを

作者

相田みつお

人像の紹介

詩人・書家。

独特の体で詩を書く作風を確立した。

代表的な作品は「にんげんだもの」。

本文

以前見た映画の冒頭です。
主演のトム・クルーズが無人のマンハッタンを疾走する印象的なシーンで、当時はかり話題になりました。

「バニラ・スカイ」というアメリカが舞台の映画でしたが、

あなたは白昼、目分以外誰もいない街を想像したことがありますか?


普段、当たり前のように走っているクルマ、行き交う人々。


地下鉄のホームに人がごった返すラッシュの様子。


それらがまったくない世界・・・・・・。


私たちがいかに毎日、誰かしらと「接触」し、「出会う」という機会を得ているかがよくわかります。


買い物をするときはレジに並び、繁華術は入込みをかき分け、見知らぬ人たちと電車に乗る。


そう

私たちはごく普通に生活しているだけでも、実に多くの人と出会っているわけです。


内向きの心を外向きに。

新しい世界へ飛び込んでみよう。


よく「出会いがない」とぼやく人がいますが、実は気がついていないだけ。


前述のように出会いはいくらでもあるのです。


当然、すれ違った人すべてとコミュニケーションを取るのは実際は不可能です。


であるにせよ、何気ない出会いも、出会いのひとつだと考えれば、

大切にしようという気持ちが心の中に生まれてきませんか?


その「出会いを大切にしましょう」という気持ちを心の中に閉じ込めずに、

アンテナのように心の外へ向きを変えてみましょう。

そうすれば、他人との接し方も徐々に変わっていくはずです。


きっと、今まで以上に新しい出会いが増えていくことでしょう。





誰だって、うまくいかないときはある [そのl4・くじけない心を育てて、前向きにいきる言]


誰だって、うまくいかないときはある


行水にも澗瀬あり
人の世に窮達なからめやば。

作者

樋口一葉

人像の紹介

明治の女性小説家。
「たけくらべ」などの名作を生み出したが、わずか24歳で夭逝した。

本文

この名言は「川も緩やかな場所(淵)や流れの急な場所(瀬)があるのだから、

人生にも、うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある。


悪いことばかりではない、いいことも必ずある、だから頑張っていこう」という人生の教訓を表しています。


この名言を残した樋口一葉は、短いながらも波瀾万の人生を送りました。


人生は山あり谷あり

苦しいことがあったとしても、耐え忍ぼうという強い意志を感じますね。


いい流れは必ずやってくる!


学業や仕事、または恋などで、誰にでもうまくいかない時期はあることでしょう。


生まれてから死ぬまで、ずっと順調に成功をし続けている人はまずいないのではないでしょうか。

傍から見れば順調そうな人にも必須悩みがあり、落ち込む時期もあるはづです。


これらの現橡は「運気の上昇・下降」が一因かもしれません。


本心からは信じたくはないですが、現実にあるような気もしますね。


人の行動には完璧や絶対なんてありません。


世の中に失賋のない人なんていないのです。


でも、その失敗がずっと続くとは思えません。


川の流れのように、必ず挽回できる進いい流れの時期はやってきます。


「春のこない冬はない」といいますよね!


あなたがもし、調子の悪い時期を過ごしているのなら、今はグッと我慢のとき。


流れが、悪い時は、それを受け入れることも大切です。


たまたま時期が悪いだけですから、あせる必要はありません。


あせって何かをしようとしても、失敗してしまうことの方が多いでしょう。


落ち着いて、前向きな気持ちで毎日を過ごしてください。


そうすれば、必ずあなたにとっていい流れはやってきます。


次の流れの準備は怠らないで!


こんなことをいう人もいます。


「人生の中で、なにをやってもうまくいくときがある。


園とは必ず、うまくいかなくなったときのために準備をしなさい」と。


いい流れに乗っているときこそ、お金を蓄え、恩義を大切にし、

自分を高める勉強を欠かさないことが大切なのでしょう。


すると、もし次に流れの悪い時期がきたとしても「準備をしていたから、 これくらいの彼害ですんだ」と、思えるのではないのでしょうか。

いいえ、「思える」のではなく実際に準備をしたおかげかもしれません。


そして、そんな時期をじっと耐える気持ちの余も生まれることでしょう。


しっかりと備えておけば、乗り切れないはずはないから。


人生はイソップ寓話にある「アリとキリギリス」に似ているのかもしれませんね。

一日一日を、成長のきっかけにしよう [そのl3・くじけない心を育てて、前向きにいきる言]




一日生ることは

一歩進むことでありたい

作者

湯川秀樹
「中間子」の存在を子測し、1949年に日本人初のノーべル賞受賞名となった理論物理学者。


本文

湯川秀樹1935年、物質を構成する原子の中に、それまで発見されていない新しい粒子の存在を予測。


欧米の研究者に比べて・日本人の研究が評価されにくい風があった当時、

国際的な学術会議である「ソルべー会議」に招かれるなど、注目を浴びた湯川。


その後、彼の提唱した粒子が実際に発見されたことで、その理論は証明された。


彼のノーべル賞受賞葉、戦後の混乱に苦しむ多くの日本人に希望を与えたといいます。


「無意味な一日」をなくそう


湯川さんの功績は、敗戦で国際的に弱い立場であった当時の日本が、

世界中を驚かせるほどのものでした。


冒頭の名言から、彼の勤勉さがよく伝わってきます。


「自分は怠け仮名性格だから、そこまでまじめには生きられない・・・・・」 なんて弱気になる人もいそうですが、そのような人でも心がけ次第で「歩進む」ことができます。


前進のない「無意味な一日」を少しでも減らせば、それだけでも成長なのではないでしょうか。


たとえば読書や運動など、一日ほんの十分でも構いません。

それを実行できた日は「無意味な一日」ではなんなります。


そしてその、一日一日の積み重ねが大切なのです。


前進しなければ、成長できないどころか逆に哀えてしまうことだってあります。

前進し続ければ、いつかあなた自身の夢や目標にだって到逹できるはずです。


まずはその第一歩を踏み出すことから始めてみませんか。


自分を磨くためには、困難にも垗戦しよう [その12・くじけない心を育てて、前向きにいきる言]

自分を磨くためには、困難にも垗戦しよう


願わくば、

我難八苦を与えたまえ。

作者
山中幸盛

人像の紹介

戦国時代の武将

思義の将として知られ、後世の講談や小説など、数多くの物語に登場する。

本文

山中幸盛は「山中鹿介」の名前でも知られる、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。

彼は戦国大名、出雲の尼子氏に幼少から仕えていました

しかし、尼子氏は毛利元就の軍勢に敗北。

一時的に滅亡してしまいます。

その後、幸盛は尼子氏再興のなめ尽力することに。

ここで紹介する名言は、哀亡していく尼子氏を思い、兜の前立の三月に祈った言葉とされており、

後世の講談などでも登場する有言です。


自分に甘い選択ばかりでは、だめ

ダイエットになかなか成功しないという人の中には、ダイエット方法を取っ替え引っ替得試している人が多いと聞きます。


しかし、どんな方法でもダイエットが成功しないという人は注意してください。


最大の敵は、あなたの中にいるかもしれません。


ダイエット画失敗に終わる人には「先週ずっと我慢したから、今日は砂糖いっぱいのお菓子もオーケー!だとか!「昨日ちょっと運動したから、今日はお休み」なんて考え方の人が多いのではありませんか?


れれはすべて自分への甘へ!

甘えはどんどんエスカレートしてきて、最後は「我慢しない方がよっぽど健康的」なんて都合のいい考えに陥ってしまいがちです。


目標をなかなか達成できないという人は、自分に対して厳しさを持ちましょう。


現代を生きる私たちには、なにも戦国時代の武将ほどの覚悟はいりません。


「七難八苦」といわず、ほんのちょっとの我慢だけでもいいのです。


きっと理想の自分に近でけますよ!


つづく


失うものがあれば得るものだってあるその11・くじけない心を育てて、前向きにいきる言葉 [その11・くじけない心を育てて、前向きにいきる言]

失うものがあれば得るものだってある


一事を必ず成さんと思はば、

他の事の破るるをも傷むべからず。

人のあざ嘲りをも恥づべからず。

万事に換ベずしては、一の大事成るべからず。
作者

吉田兼好

人像の紹介

鎌倉時代末期に活躍した歌人・

随筆家。

「徒然草」は日本三大陏筆に数えられる。



本文

社会人担ったばかりという人たちから「学生時代だ比べて時間が足りなくなった」という話をよく耳にします。

確かに社会に出ると自分のために使う時間が、なかなか取りにくくなるかもしれません。

それを「大事な時間を矢った」と感じる人もいることでしょう。

なにかを犠牲にしないと、手に入れられないものはたくさんあります

中には失うことを嫌があまり、それ以上にいろいろな

ものを矢ってしまう人も多いように思います。


大切ななにかを手に入れているはず


冒頭の名言は「ひとつのことを成し遂げようと思ったのであれば、あらゆることを引き換えにしないと、

大きなことは成し遂げられない」というのが大意です。

前述の例でいえば社会人になってからの生活は、時間が足りなくなっただけでしょうか。

実際は生きがいや新しい人間関係など、数多くのものを代わりに手に入れているのではないでしょうか。

なにかを得るためには、なにかを失うことも必要だと思えば、失うことを過剰に恐れずにすみます。


プレッシャーは誰もが感じるその10・くじけない心を育て、前向きにいきる言葉 [その10・くじけない心を育て、前向きにいきる言葉]

プレッシャーを避けて通ろうなんて、 本当に馬鹿げてるなぁと思いますよね。 それでクリアしないと、なにかを越えられない。 作者 イチロー

人像の紹介 プロ野球選手。 1991年のプロ入以降、日本そしてアメリカ数々の記録を樹立している。


本文

請神的な重庄であるプレッシャーの主な原因は「絶対に失敗してはいけない」というストレスだといわれています。


プレッシャーを感じない人はほとんどいないといっていいでしょう。


大舞台に慣れたプロのスポーツ選手でさえ、ここぞというときはプレッシャーを感じてしまうものです。


アメリカ・メジャーリーグで十年連続200本安打(2001〜2010年)の大記録を持つイチロー選手でさえ、重大なプレッシャーからは逃れられないと語っています。



プレッシャーは成長のチャンス!


しかし、イチロー選手はプレッシャーの辛さはもちろんあるけれど、それをクリアしてこそ越えられるなにかがある、とプレッシャー画プラスに働く効果についても語っているのです。



プレッシャー葉誰もが感じるもので、コントロールが困難だということはよくわかります。


ただ、その受け止め方は人それぞれです。


プレッシャーを逆に楽しむという人もいれば、プレッシャーに押しつぶされ普段の力が発揮できなくなってしまう人もいます。


でも実際は、ありのままに受け入れる以外ないのです。


ただし、プレッシャーを乗り越えることで得られるものは確実にあります。


プレッシャーに打ち勝ったときの達成感を想像して、前向きに立ち向かっていきましょう。


つづく


たとえ笑われても、自分は自分 [その9・くじけない心を育てて、前向きにいきる言葉]

世の人は我をなにともいわばいえ

我が為すことは我のみぞ知る。


作者

坂本龍馬

人像の紹介

幕未に活躍した維新志士。

薩長同盟の締結や大政奉還に貢献したが、近江屋事件で暗殺された。


本文


目指すべき目標がある人は、日々それに向かって精進するのみ!


などと、人生スムーズに走ることができればいいのですが逩そうはいかないケースも多いですね。


人生の道のりには、さまざまな障害が待ち構えていることは当然考えられます。


中には途方もないと思われる夢を打ち明けた人に対して、「そんなことはできるはずはない」と、否定する人がいるかもしれません。


悲しいことに、邪魔をしようとまで考える人もいたりします。



でも、そんな否定には耳を傾ける必要なんてありません。


ときには唯我独尊の気持ちで、夢に向かおう!


坂本龍馬はいわずと知れた幕末のヒーローですが、その活躍のほとんどは、暗殺されるまでのわずか三年間でのできごとでした。


1855年に亀山社中(のちの海援隊)を結成。


薩摩と長州の交流に一役買い、翌年に薩長同盟を締結。


寺田屋で襲撃された事件もこの年でした。


さらに翌年、船中八策を記して新しい国家の方針を考えましたが、近江屋で襲繫され、志半ばにして命を落としてしまいました。


龍馬は、強い反発に遭いながらも、新しい日本を造る夢のために奔走し、さまざまな功績を残したのです。


目標までの障害をねのけるためには、ときには唯我独尊の気持ちも大切です。


他の人からの嫌な言葉や妨害をまともに受け入れていては、ゴールする時間が遅れてしまうだけ。



(雑音)は無視して、自分のできることを着実に進めていきましょう。


夢のためなら、誰かに笑われたって構わないのです。


自分を信じて、必ず夢が叶うと思い続けましょう。


輝かしい未来を想像しながら、今を精一紑頑張りましょう。



大切な人の幸せを考えることが幸せ [その8・くじけない心を育て、前向きにさせてくれる]

大切な人の幸せを考えることが幸せ 一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば自分の幸福なのだ。
作者

川端康成
(一人の幸福)

1968に日本人初のノーべル文学賞を受賞。

「伊豆の踊子」「雪国」などの名作を残した。

本文

あまり知られていないことかもしれません。

川端康成葉幼少期から何度も、近親者の不幸に見舞われていたそうです。

親族の家を転々とし「葬式の名人」と揶揄されたことも。

しかし、そんな少年時代から彼は作家になることを志し、十六歳の頃には新聞や雑誌に作品を投稿するようになりました。

幸福な少年時代とはとてもいえませんが、辛い境遇の中でも創作活動に幸せを見出していたかもしれません。

やがて彼の夢は結実し、小説家として文擅デビュ―。

晩年にはノーベル文学賞をし、世界的にも認められる文豪となりました。



「自分以外の人の幸せ」も自分の幸せ!?



冒頭の名言は、「一人の幸福」という短編作品の一節です。

叶わない思いを秘めた主人公が恋する女性の弟を救うことで、自らも幸せになろうとする姿が描かれています。

どんな状況の中でも幸せはあるという、川端康成の思いが伝わってきますね。

幸せの理由を自分だけに求めると、あなた自身が幸せを実感できない限り、あなたは幸せになれません。

では、

あなたの幸せの理由を別の人、そのまた別の人に求めたら?

一人だけのときよりも二倍三倍、幸せを得られるようになるのです。

たとえば、恋人や結婚相手、自分の子どもなど、自分以外の人の幸せを考えてみてください。

そんな自分以外の大切な人の幸せを考える時間は、とても充実感がありませんか?

自分が大切にしたい人の幸せを考え、実現してあげたいという気持ち。

そんな気持ちを大切にすることが、自分自身の幸せにつながるのです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。