So-net無料ブログ作成
N0.3心のコミュティ ブログトップ

・誰もやりたがらないことを、率先してやる [N0.3心のコミュティ]

誰もやりたがらないことを、率先してやる




もともと地上には道はない。




歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。


人物像の紹介



魯迅(ろじん)<故鄕>



中国の小説家。




明治時代、日本に留初の小説「狂人日記」は日本滞在中に書れた。




本文

本当は誰かがやらなければならないことなのに、誰もやろうとしないことがあります。




町内会であれば公共の場所の掃除を誰もしたがらなかったり、


同僚や友人の集まりで幹事がなかなか決まらなかったりと、いろいろなケースがあります。




でも、誰もやりたがらない場合、必ずどこかしらにしわ寄せがきてしまうものです。




ではなぜ、誰もやりたがらないのでしょうか。




第一に「進んでやっても、得をしない」というのが当てはまるのかもしれません。




また「誰もしないことを自分がするのは恥ずかしい」という考え方をする人も多いと思います。




これは日本人に多い傾向のような気がします。





自分が最初のひとりになれば、誰かがついてきてくれる




「みんなのためになることを、率先して行う」ことは他人のためになるだけではありません。




その「みんな」の中には、自分自身も含まれているということに気づくべきです。




「誰かのために始めよう」などと気をつかう必要はないのです。




まずは自分自身のために、最初のひとりになってみましょう。




誰課一人が始めてしまえば「自分から行動しても得をしない」という人でも、後から続いてくれるものです。




そうなれば、あなたがひとりで始めたことでも、あなただけに負担が、かかることは少なくなります。




自分が幸せになるついでに、周りのみんなまで幸せにできる。



さらにみんなで協力し合えれば、一石二烏どころではありません。 あなたもそんな喜びを味わってみて!
N0.3心のコミュティ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。