So-net無料ブログ作成
検索選択
くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉 ブログトップ

なによりも、挑戦することが大事! [くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉]

くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉

なによりも、挑戦することが大事!

PKを外すことができるのは、

PKを蹴る勇気を持った者だけだ。

ロべルト・バッジョ

人物像の紹介
2004年の引退までに数々の記録を残した、「イタリアの至宝」と称されるサッカー選手。

本文

サッカーの試合は同点でタイムアップした場合、各大会のルールによって違いますが、

PK戦で決着をつけることがあります。

PK戦に選ばれた選手のプレッシャーは、途轍もないものでしょう。

ゴールを外して激しい自責の念にかられることへの恐怖心は、経験した者にしかわからない辛さかもしれませんね。

私たちにも日常やビジネスなどで、ここぞという大事な場面があります。

でも

いつも失敗を恐れてプレッシャーから逃げているようでは、成功にはほど遠いかもしれません。

自分に自信を持ち、プレッシャーに立ち向かわなければならないのです。

挑戦した勇気は、誰かが認めてくれる

華麗なサッカープレーで世界中に名轟かせた、ロべルト・バッジョ選手。

誰もが認めるイタリアのエースストライカーの彼でも、大事な試合でPK戦のゴールを外してしまったことがあります。

1994年のワールドカップアメリカ大会の決勝。

ブラジルとの雌雄を決する一戦で、相手の勝利を決定づけるミスをしてしまいました。

しかし、イタリアのサッカーファンは決勝進出までに彼がどれだけチームに貢献したかを知っていました。

彼は引退後の現在でも、イタリアの英雄としてリスペクトされ続けています。

あなたも、大切な局面で重要な役割を任されることがあるかもしれません。

それはあなたがこれまでに積み重ねてきた経験を認められてのことなのです。

たとえ失敗したとしても、あなたのすべてが否定されるわけではないのですから、心配することはありません。

次回以降の糧になる経験ができるのは、とても幸運なことです。

つづく

一日一日を、成長のきっかけにしよう [くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉]


くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉

一日生ることは、

一歩進むことでありたい

作者

湯川秀樹

「中間子」の存在を子測し、1949年に日本人初のノーべル賞受賞名となった理論物理学者。


本文

湯川秀樹さん1935年、物質を構成する原子の中に、それまで発見されていない新しい粒子の存在を予測。


欧米の研究者に比べて・日本人の研究が評価されにくい風があった当時、


国際的な学術会議である「ソルべー会議」に招かれるなど、注目を浴びた湯川さん。


その後、彼の提唱した粒子が実際に発見されたことで、その理論は証明された。


彼のノーべル賞受賞葉、戦後の混乱に苦しむ多くの日本人に希望を与えたといいます。


「無意味な一日」をなくそう

湯川さんの功績は、敗戦で国際的に弱い立場であった当時の日本が、

世界中を驚かせるほどのものでした。


冒頭の名言から、彼の勤勉さがよく伝わってきます。


「自分は怠け仮名性格だから、そこまでまじめには生きられない・・・・・」

なんて弱気になる人もいそうですが、そのような人でも心がけ次第で「歩進む」ことができます。


前進のない「無意味な一日」を少しでも減らせば、それだけでも成長なのではないでしょうか。


たとえば読書や運動など、一日ほんの十分でも構いません。


それを実行できた日は「無意味な一日」ではなんなります。


そしてその、一日一日の積み重ねが大切なのです。


前進しなければ、成長できないどころか逆に哀えてしまうことだってあります。


前進し続ければ、いつかあなた自身の夢や目標にだって到逹できるはずです。


まずはその第一歩を踏み出すことから始めてみませんか。





自分を磨くためには、困難にも垗戦しよう [くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉]


願わくば、

我難八苦を与えたまえ。

作者

山中幸盛

人像の紹介

戦国時代の武将

思義の将として知られ、後世の講談や小説など、数多くの物語に登場する。

本文

山中幸盛は「山中鹿介」の名前でも知られる、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。

彼は戦国大名、出雲の尼子氏に幼少から仕えていました

しかし、尼子氏は毛利元就の軍勢に敗北。

一時的に滅亡してしまいます

その後、幸盛は尼子氏再興のなめ尽力することに。


ここで紹介する名言は、哀亡していく尼子氏を思い、兜の前立の三月に祈った言葉とされており、


後世の講談などでも登場する有言です。

自分に甘い選択ばかりでは、だめ


ダイエットになかなか成功しないという人の中には、


ダイエット方法を取っ替え引っ替得試している人が多いと聞きます。


しかし、どんな方法でもダイエットが成功しないという人は注意してください。


最大の敵は、あなたの中にいるかもしれません。


ダイエット画失敗に終わる人には「先週ずっと我慢したから、



今日は砂糖いっぱいのお菓子もオーケー!だとか!「昨日ちょっと運動したから、今日はお休み」なんて


考え方の人が多いのではありませんか?


れれはすべて自分への甘へ!



甘えはどんどんエスカレートしてきて、


最後は「我慢しない方がよっぽど健康的」なんて都合のいい考えに陥ってしまいがちです。


目標をなかなか達成できないという人は、自分に対して厳しさを持ちましょう。


現代を生きる私たちには、なにも戦国時代の武将ほどの覚悟はいりません。


「七難八苦」といわず、ほんのちょっとの我慢だけでもいいのです。


きっと理想の自分に近でけますよ!



くじけない心を育て、前向きにさせてくれる言葉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。