So-net無料ブログ作成
検索選択
その8・くじけない心を育て、前向きにさせてくれる ブログトップ

大切な人の幸せを考えることが幸せ [その8・くじけない心を育て、前向きにさせてくれる]

大切な人の幸せを考えることが幸せ 一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば自分の幸福なのだ。
作者

川端康成
(一人の幸福)

1968に日本人初のノーべル文学賞を受賞。

伊豆の踊子」「雪国」などの名作を残した。

本文

あまり知られていないことかもしれません。

川端康成葉幼少期から何度も、近親者の不幸に見舞われていたそうです。

親族の家を転々とし「葬式の名人」と揶揄されたことも。

しかし、そんな少年時代から彼は作家になることを志し、十六歳の頃には新聞雑誌に作品を投稿するようになりました。

幸福な少年時代とはとてもいえませんが、辛い境遇の中でも創作活動に幸せを見出していたかもしれません。

やがて彼の夢は結実し、小説家として文擅デビュ―。

晩年にはノーベル文学賞をし、世界的にも認められる文豪となりました。



「自分以外の人の幸せ」も自分の幸せ!?



冒頭の名言は、「一人の幸福」という短編作品の一節です。

叶わない思いを秘めた主人公が恋する女性の弟を救うことで、自らも幸せになろうとする姿が描かれています。

どんな状況の中でも幸せはあるという、川端康成の思いが伝わってきますね。

幸せの理由を自分だけに求めると、あなた自身が幸せを実感できない限り、あなたは幸せになれません。

では、

あなたの幸せの理由を別の人、そのまた別の人に求めたら?

一人だけのときよりも二倍三倍、幸せを得られるようになるのです。

たとえば、恋人結婚相手、自分の子どもなど、自分以外の人の幸せを考えてみてください。

そんな自分以外の大切な人の幸せを考える時間は、とても充実感がありませんか?

自分が大切にしたい人の幸せを考え、実現してあげたいという気持ち。

そんな気持ちを大切にすることが、自分自身の幸せにつながるのです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
その8・くじけない心を育て、前向きにさせてくれる ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。